女検死官

女検死官
製作年:2000
FBIで研修活動をしていた頼口涼子は、その優秀さが北海道警察本部長 菅原の目にとまり、引き抜かれて特別検死官として赴任してきた。法医学教室の高岡教授や臨床検査技師の横堀まどかたちが開いてくれた歓迎会から帰宅した涼子に、「この謎が解けなきゃ遺体が腐る」とのメールが届いていた。ローマ字と数字の組み合わせの謎を解いた涼子は、郊外の原生林で女性の遺体を発見。さらに「その死体には謎がある…」という殺人者からのメールがまた送られてきた。最新の科学検査機器を駆使してその謎を解いた涼子は第二の女性死体を発見する。
hnyun
SP